2019年02月12日

赤ちゃんへの影響は大丈夫?

治療を受けると気になるのが、麻酔薬や飲み薬、レントゲンの被ばく量。赤ちゃんへの影響は、薬剤の種類や妊娠期により異なります。
一般的な歯科治療でもっとも多く使われている麻酔薬リドカインは、無痛分娩や帝王切開にも使われ、妊娠全週で問題なく使用できる麻酔薬です。通常量を使っても全く問題ないとされています。一方、プロピトカインという麻酔薬には、子宮を収縮させ、分娩を促進させる作用があるため、妊娠後期の妊婦さんには使用しません。
お薬の安全性については、お腹の赤ちゃんに実際に試してみるわけにいかないため、確認されているお薬はありません。歯科では、比較的安全性が高いとされるお薬を、その効果が赤ちゃんへの影響を上回ると判断した場合に限り、最小限の処方をしています。
歯科で処方される抗菌薬のうち、比較的安全性の高いのがペニシリン系や背ファム系の抗菌薬です。ペニシリン系やセファム系の抗菌薬にアレルギーがあるかたには、マクロライド系の抗菌薬が第二選択肢となります。治療上の効果がお腹の赤ちゃんへの影響を上回ると判断される場合に、最小限を処方します。
消炎鎮痛剤において比較的安全に使用できるとされているのがカロナール、アルピニー、ピリナジン(アセトアミノフェン)です。「妊娠中比較的安全に使用できる」とされていますが(「産婦人科診療ガイドライン産科編2014」)、痛みがありどうしても必要なときにだけ、最小限を処方します。
歯科のレントゲン撮影は、歯や歯ぐきや歯を支える骨のなかに隠れていて見えないむし歯や歯周病を把握し、ピンポイントで治療をして最大限の成果を上げるために行う、とても重要な検査です。レントゲン撮影なしの治療は、暗がりを手探りで歩くようなもの。精度の高い治療が困難になってしまいます。
歯科のレントゲン撮影の放射線量は、歯科用デンタルレントゲン撮影1枚につき約0.008mSv。パノラマレントゲン撮影1枚につき約0.01mSvです。
日本に住んでいる人が1年間に浴びる自然放射線量は約2.1mSv。デンタルの放射線量はその1/262、パノラマも1/210にすぎません。私たちは毎年、デンタル262枚分の自然放射線量を浴びているわけですが、そこにデンタル1枚分が加わったとしても、262枚分が263枚分に増える程度です。
「50mSv(=50mGy)未満の放射線量であれば、お腹の赤ちゃんへの影響と被ばく量との間に関連は認められない」(「産婦人科診療ガイドライン産科編2014」)とされており、この基準とくらべても、いかに歯科のレントゲンの放射線量が少ないかがご理解いたただけるのではないかと思います。
baby_ninshin_ninpu.png




保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 08:39| Comment(0) | 日記

2018年09月19日

勤務医の先生が症例発表をしました!

昨晩、2ヶ月に1回行われている勉強会で、
当院の宮園先生が症例発表を行いました。

日々、患者さんと真摯に向き合っている感じがとてもでていて
素晴らしい発表でした。

そして、多くのアドバイスを頂いていたので、
また日々の臨床に活かされると思います。

IMG_0310.JPG
posted by あじでん君 at 11:22| Comment(0) | 日記

2017年07月31日

東京へセミナーへ行って来ました!

昨日の、日曜日は妻と一緒に東京へセミナーを受講しに行って来ました。

普段は一人で行くことが多いのですが、
今回のテーマは夫婦で一緒に聞いた方がいいと思ったので
同行してもらいました。

写真は妻にとってもらったものです。
87609908-D849-4D61-B7B9-CE8638128AF1.jpg

セミナーは5時間近くありましたが、あっという間の一日でした。
IMG_4695.JPG

行き帰りも夫婦でたくさん話すことができて良かったです!
お互いに、色々相談できて、同じ方向を向くことができるよう
頑張っていきたいと思います!

posted by あじでん君 at 09:00| Comment(0) | 日記