2020年01月27日

0歳の歯磨き〜赤ちゃんの歯磨きは、どうすればいいの?〜


最初は歯ブラシをくわえるだけでじゅうぶんです。赤ちゃんは母乳(ミルク)を飲むのにてきした口を持って生まれてきます。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中は乳首のやわらかさ受け入れ、それ以外のものは自分の身を守るために受け入れない鋭敏(えいびん)な状態になっています。それが、生後1〜2ヶ月ごろから自分のこぶしをしゃぶり、指をしゃぶり、やがておもちゃなどなんでも口に入れる時期がきます。この過程は、いろいろなしょっかんのものが口に入ってくる離乳食の練習にもなります。自ら口に入れるものや離乳食を通じて赤ちゃんの口の鋭敏さは少しずつ和らぎ、だんだんといろいろなものを受け入れられるようなお口になっていくのです。6〜8ヶ月ごろになると離乳食がはじまります。この時期に歯ブラシを見せると、手にして口にくわえることがあります。じぶんで口に入れてその感触をたしかめて、慣れていくのです。0歳代の歯磨きはそれでじゅうぶんです。歯ブラシをしゃぶることも、離乳食のたびにかならずやらなければならないものではありません。赤ちゃんが興味をしめしたときにやってみてください。できそうなときに、ためしてみるのが歯磨きのはじめの一歩になります。

歯ブラシはナイロン毛のものを選ぶ

この時期はまだ歯を磨くわけではありませんが、歯ブラシはゴム製ではなく毛がナイロンでできたものを選びます。やがて、歯を磨くようになったときに赤ちゃんがナイロン毛の感触に慣れていると歯ブラシを受け入れやすくなります。歯磨きの基本は歯ブラシの毛先の弾力を利用したW毛先磨きWです。将来、効果的に歯垢を落とす磨き方を習得するためにまずは道具に慣れておくことが大切です。

大人は何をすればいいの?

@ 危なくないように見守る
歯ブラシを口の中に入れているだけでは、歯や歯ぐきを傷つけることはありません。ただし、転んで口や喉を傷つけてしまう場合があります。そのようなことがないように、子どもが歯ブラシを持っている間はかならず見守ります。
A 「お口に入れたね」「じょうずだね」とやさしく声をかける
子どもが歯ブラシを持ったらやさしく楽しく声かけをしてあげてください。ただ口にくわえてるだけでも「歯磨き、じょうずね。気持ちいいね」と、声をかけます。赤ちゃんも褒められるとうれしいのです。そうすることで安心して歯ブラシを口に入れ、歯ブラシに慣れ親しむことができます。

baby_new-150x150.png
保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。


posted by あじでん君 at 18:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: