2020年01月07日

おやつの役割・甘い物との付き合い方 そのA


前回の続きです。前回は3歳までのお話をしました。今回はその続きになります。

B3〜5歳ごろの甘いものは「おさとう2本分」を目安に
 3歳以上になると家族や友達同士で、甘いお菓子を食べるチャンスが増えてきます。いつまでも甘いものなしというわけにはいかないでしょう。そこで心がけたいのが「おさとう2本分」です。おさとう2本分とは、8gのスティックシュガーを2本分ということです。この根拠は、日本歯科医師会が1977年に発表したこの年代のむし歯予防のための砂糖の限度量です。1日の砂糖の摂取量が30〜40gとあり、そこから調味料として使う分を差し引くとおやつとしては20g弱となります。これを子どもにもわかるように8gのスティックシュガー2本におきかえました2015年に、WHO(世界保健機関)は成人の砂糖の限度量を1日に摂る全エネルギーの10%以内と提言しましたが、現在ではさらに低い5%にすることを提言しています。また、2016年に米国心臓協会も子どもの砂糖の摂取量について指針を出しましたが、これともほぼ一致します。歯にとってもからだにとっても守らなければならない量です。

C甘くないからといって、たくさん食べては困ります
 おやつの目安量は3歳児で100〜150kcal、4〜5歳児で150〜250kcalくらいにしましょう。その根拠は、おやつの量はその子どもに必要な1日の推定エネルギー量の10〜20%といわれていることにあります。性別、年齢、体格、運動量などで必要量は異なりますが、3〜5歳は1000〜1300kcal程度なのを参考にしました。

D果物だったらたくさん食べてもいいの?
 果物にも1日に食べてよい量があります。大人の約半分で、冬みかんは1個、バナナは半本、巨峰は3個、いちごは5個程度です。最近は店頭で糖度の表示を見かけるほど、生産者が甘さを競っています。果物は「水菓子」といわれるゆえんです。食べすぎて食事にひびくようでは困ります。

29731708.jpg
保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 09:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: