2019年07月27日

何でも食べられるお口は将来も維持できそう?

からだによい食事をしようと、評判のよい食材をいろいろと試しておられるかた、増えていますよね。
実際、食と栄養に関する情報は、テレビでもネットでも溢れんばかりです。「〇〇を食べるといい」と話題になると、売り切れる店が続出するほど、こうした情報にみなさんとても敏感です。
一方、からだによい食べ物を摂るために不可欠な「歯の健康」や「歯科治療」についての関心は?だいぶ温度差があるなと感じているのは、私だけではないでしょう。
そこでまず、栄養摂取に欠かせないお口の健康について関心をもっていただくため、お口の衰えがいったいいつ頃からはじまるのかをご覧いただきたいと思います。
スクリーンショット 2019-07-27 8.36.20.png
上のグラフは、歯科医院との付き合いかたごとに、歯の喪失状況を調べたものです。50歳前後にお口の健康の曲がり角があり、年齢を重ねるにつれてその状況がそのまま拡大していることがわかります。
定期的に歯科医院のメインテナンスに来院し予防指導や予防処置を受けているかたは、高齢になっても数本の喪失ですみますが、痛い時だけ来院する患者さん(歯みがき指導も予防処置も受けていないかた)は、60代、70代で急激に歯を失って、一気にお口の老化が進行しています。
スクリーンショット 2019-07-27 8.36.36.png
上のグラフも見てみましょう。なんでも噛んで食べられる人は、70歳以上では6割ほど。つまり、歯が残っている、あるいは入れ歯などを使ってよく噛めるというかたが6割なのに対し、4割のかたが噛む能力に問題を抱えていることがわかります。みなさんは、将来どちら側に入りそうでしょうか?
噛む能力は栄養摂取に大きな影響を与え、高齢者のからだの衰えの一因として、「噛めないことによる栄養不足」が重大視されています。噛めない人の場合、いったいどんな栄養が不足がちになるのか、またの機会にお話ししましょう。




保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 08:39| Comment(0) | 歯の豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: