2019年06月29日

インプラントって歯とは何が違うの?

インプラント治療のいちばんの特徴は、埋め込んだインプラント体があごの骨に結合して自立すること。周りの歯を支えにする必要がなく、余分な負担を他の歯にかけずにすむため、現在、この治療法は世界中で多くの方に選択され、喜ばれています。
その一方、インプラント治療は、「人工歯だから、入れさえすれば、あとはほったらかしでよい」と誤解されやすいようですしかしこれはまったくの間違いです。人工物である以上、使い続けていれば必ず故障も傷みも起きます。定期的なメインテナンスは必須ですし、毎日のお手入れも、インプラントの形に合わせて変えていかなければなりません。
一見、天然歯とそっくりに見えるインプラント治療ですが、天然歯と決定的に違うのが、「周りに歯根膜がない」という点です。天然歯とインプラントが混在するお口では、噛む力が加わるたび歯根膜のクッションによりグッと沈む天然歯に対し、インプラントは骨とガッチリ結合しているので、沈まず「ガリッ」とぶつかることになります。
結果的に、力の負担は天然歯よりもインプラントにかかりやすく、ともすると上部構造の破損につながりやすいのです。
上部構造の傷みを減らすには、日々動いている天然歯と、まったく動かないインプラントが調和し共存できるよう、噛む力が偏ってかからないように、噛み合わせをチェックし、細かな調整をする必要があります。そのため、必ず定期的に歯科医院に通いメインテナンスを受けるようにしてください。
また、インプラントを入れると、噛んだ感触のセンサーである歯根膜を失うことにより、自分がどれくらい強く噛んでいるかの感覚がにぶります。天然歯ではとても痛くて噛めないようなものもバリバリ噛んでしまうなど、つい強く噛んでしまいやすいので、かたいはずのインプラントの上部構造が割れてしまうということもあるので気をつけていきましょう。
teeth_implant.png




保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。


posted by あじでん君 at 14:57| Comment(0) | 歯の豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: