2019年01月26日

妊娠とむし歯の深い関係

「妊娠後に歯が悪くなった」という話を、出産経験のある女性から聞いたことはありませんか?じつは妊婦さんのお口がむし歯になりやすいというのは本当のことです。
ただしその原因は、よく言われる「カルシウムを赤ちゃんに取られてしまうから」ではありません。赤ちゃんを育てるために妊婦さんのからだに起きる変化が大きく関わっているんです。
お口のトラブルを起こしやすくなる変化として、よく指摘されるのが「つわり」です。歯ブラシや歯みがき剤を口に入れるだけで吐き気がしてしまう方もおられ、ていねいな歯みがきが難しくなるからです。
味の好みも変わります。甘い物、すっぱい物が好きになり、むし歯菌の大好物の砂糖や、歯のカルシウムを溶かす酸性度の強い食べ物(柑橘類など)をとる機会が増えるのです。しかもおなかが大きくなると胃が押され、少しずつしか食べられません。間食が必須なので、むし歯菌はそのたびエサをもらえて大喜びです。
胃酸がお口のなかに習慣的に逆流したり、前述したとおり酸味の強い柑橘類を日常的に食べる、健康のために酢を日常的に摂取しているということがあると、その酸に触れた歯の表面のカルシウムが溶け、エナメル質が薄くなってしまうことがあります。硬いエナメル質が薄くなるとむし歯の穴が開きやすくなってしまうので、胃酸がお口に上がってきたり酸味の強いものを食べたり飲んだりしたあとは、水でブクブクうがいをしたほうがそう言ったリスクを低減することができます。
また、妊娠中はホルモンの影響で唾液が減ります。すると、お口のなかを洗い流す自浄作用も、歯を修復する再石灰化作用も弱まるんです。
普段よりむし歯になりやすくなる妊婦さんのお口。でもこれは、赤ちゃんのため自然に起きる変化ですから、むし歯になりやすいからといって止められるものではありません。だからこそ、こういうときは歯科検診を受け、プロのサポートを得て大切な歯を守っていきましょう。
ninpu_genki.png



保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。

posted by あじでん君 at 12:40| Comment(0) | 歯の豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: