2018年08月27日

神経を取ったのに噛むと痛い気がする

歯の神経を取ることを「抜髄」と言いますが、正確には「歯髄」と言う部分を取っています。むし歯が奥深く進行して、歯髄に細菌が入り込んで炎症が起きてしまい、抜髄しなくてはならなくなるわけです。
抜髄しなければならないほど炎症が起きている歯は、処置の前日から強い痛みを感じている事があります。何もしていなくてもズキズキ痛む、夜中に目が覚めてしまうほど強く痛む。こうした場合は炎症がかなり広がっていると思われます。
抜髄の経過としては、炎症が生じた歯髄をとって根管内を洗浄後、消毒の薬を詰めます。この後、状態を見て快方に向かっているようであれば、根管に最終的な詰め物をして仮のフタを最終のものに変えます。
さて、「抜髄したのになぜ痛むのか」というと、いろいろな理由が考えられます。抜髄というのは歯の根(歯根)の先のところで歯髄を切断します。当然、切断した端が歯の外側(顎の骨の中)にできるので、歯の内部の神経を取ったといえ、その部分では痛みを感じます。
また、抜髄時の消毒薬が原因のこともあります。むし歯の原因は細菌感染ですから、歯髄の除去後、複雑な形をした根管内に入り込んだ細菌を除去するために、強い消毒薬を用います。この消毒薬が歯の外側にしみわたり、違和感や痛みを生じます。術中は局所麻酔のおかげで痛みを感じませんが、麻酔が切れるころから消毒薬の刺激による痛みが出てきます。
こうした術後の痛みは、我慢せずに処方された鎮痛剤を服用してください。抜髄は外科処置ですから、数日間痛みが続いてもおかしくはありません。鎮痛剤を飲みながら少し様子をみましょう。数日で落ち着くようなら心配いりません。
噛んだ時に痛みを感じる場合は、歯ではなく歯の周囲(歯根膜や歯槽骨)で痛みを感じています。無理に噛む必要はありませんが、やわらかいものなら噛めるというなら、少しずつ噛んでみてください。消毒薬による痛みであれば、徐々に落ち着いてくるはずです。
なお、これはまれですが、歯の中に入り込んだ最近の種類などによっては、抜髄後に強い痛みや腫れが生じる事があります。術後疼痛(フレアーアップ)といい、歯科医師が適切な処置をしたとしても数%の確率で起こります。眠れないような痛みが何日も続く、顔がひどく腫れてきた、という場合は応急処置が必要となりますので、主治医にご連絡を。
また、数週間経っても術前と痛みが全く変わらない時は、他の疾患(非歯原性歯痛など)が原因のこともあります。その際は、再診査が必要となります。歯の根の治療(歯内療法)の専門医や痛みの専門医を紹介してもらうのも一案です。
いずれの場合も、痛みは生体のアラーム機構ですから、「痛みを取り除く」ことだけに固執するのではなく、痛みの原因が何なのかを、主治医に教えてもらうのが望ましいでしょう。
0934030005.gif





保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 08:17| Comment(0) | 歯の豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: