2017年09月08日

なぜ神経を取っても痛みを感じるの?

今までに、なんだか歯が痛いな、違和感があるなという経験がおありの方は多いと思います。そんな時、勇気を振り絞って歯医者さんへいったら虫歯が大きくて根っこの処置をしていかなければならなくなったということはなかったでしょうか。
いざ根っこの処置をしていくとなった時、先生に何をされるのか、痛みとか出るんじゃないかなど、不安に思うことでしょう。


今日は一番気になるであろう、根っこの処置をするときに起こりうる痛みの話をしたいと思います。


歯に炎症を起こしている、目に見えない敵=細菌を歯の中から徹底的に追い出し、減らすことにより炎症を止め、治癒に導くための治療、これが根っこの治療の大まかな内容です。
しかし、痛みをとるため、もしくは歯の中を掃除するために治療を開始したら、痛みが出たという方もいらっしゃるかと思います。
根っこの治療にともなう痛みの詳細は、いまだに解明されていません。根の先の急性的な炎症が原因で、おそらくは、歯の中を掃除するときに細菌が一時的に活性化してあばれたり、つつく刺激や噛む刺激、消毒薬の刺激が加わったりするからではないかと考えられています。神経(歯髄)を取ったあとも、歯をつつんでいる歯根膜など、歯の周りには痛みを感じる敏感なセンサーが張り巡らされています。そうしたセンサーが急性症状を感じ取っているのです。
もし痛みが出ても2~3日がピークで、1週間もすれば95%の患者さんがおさまってきます。我慢できないような痛みでないならば様子をみていただくとよいでしょう。


治療後の痛みは何が原因であれ、やはり不安になると思います。そういったときはささいなことでもかまいません、私たちにお話しください。
medical_haisya_building.png

保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。


posted by あじでん君 at 22:45| Comment(2) | 歯の豆知識
この記事へのコメント
こんにちは。
9月2日に退院し、4ヶ月の入院生活にピリオド。足腰がすっかり弱ってしまい、1日三回の食事作りと片付けも大変。散歩したりして、リハビリ中です。
30年前に米国LAに住んでいた頃、急に歯が痛くなり、日系人の歯科医院に行ったら、根っこに膿がたまっていると言われ、韓国人の歯科医院を紹介され、そこで根っこの治療をしてもらいました。無痛治療。痛み止めをもらいました。
帰国して、友人のご主人がやっている歯科医院でみてもらったら、上手くやってあると言われました。
フロスのやり方は最初にみてもらった歯科医院でやり方を教えてもらい、それ依頼ずっとやっています。
やはり一度一緒にやってもらわないと難しいですよね!
夫はできません。
あちらではフロスは当然やるものという感じで、ドラッグストアにはいろいろたくさん置いてありました。
根っこの治療で思いだした昔話です。
涼しくなってきました。
お身体大切にして、お仕事頑張ってください。
Posted by YI at 2017年09月11日 11:39
コメントありがとうございます!

リハビリ中とのこと、大変ですね。
お身体ご自愛下さいませ。

フロスはとても大切ですね。
ぜひ、しっかりお口のケアもして頂ければと思います!
Posted by at 2017年09月16日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: