2017年08月31日

治療の選択肢どんなのがある?

今日で夏休みも終わり、学生の皆様は明日からの新学期に向けて準備していることと思います。
親御さんからすると一日中家にいる子供の世話から解放されて、やっと一息つけるなぁ、とお思いの方も多いかもしれません。
そうやって一息つくのもつかの間、もう季節の変わり目ですので衣替えやら何やら、色々と準備が必要になってくると思いますので早め早めの対策をしてくださいね。


今回はいつもと趣旨を少し変更して、治療のバリエーションやどういう風に治療していくか、不安に感じている方にお伝えしたいことを綴りましたのでご覧下さい。


歯の大切さは、失ってはじめて身にしみるもの。歯が悪くなってしまってから「若い頃にもっと歯を大事にしておけばよかった」と後悔するかたは多いです。
若い頃は他人事だと思っていたお口の健康が、急に気になりはじめる年代というと、40代から50代でしょう。国内の歯科疾患実態調査(平成23年)によると、40代後半に1本程度の歯を失いはじめ、50代後半ともなると、平均で4本程度を失っていることがわかります。若い頃は思ってもみないのですが歯を失うことは、じつは多くの人にとって他人事ではないのです。
いざ歯を失って治療が必要になったとき、どんな治療を選ぶべきかは、患者さんのお口の状態はもちろん、どの歯を失ったのか、そして患者さんの希望によっても大きく異なります。それだけに、選択に迷う方も多いと思います。
本院では、どのように治療をしていくか、どういった選択肢があるのか、治療のメリット、デメリットなど患者さん本人が希望すれば、治療とは別に時間を設けてより詳しく説明させていただいております。
もし何か不安なこと、なかなか聞くにも時間が足りないと思っていらっしゃる方がいましたらお気軽にご相談ください。
drpoint.png


保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。

posted by あじでん君 at 14:34| Comment(0) | 歯の豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: