2021年05月15日

初期むし歯と穴のあいたむし歯はどう違うのか

むし歯は全部が黒くなったり、穴があいて治療が必要になったりするわけではありません。初期むし歯とは、むし歯のできはじめの段階で、黒かったり穴があいていたりという、よくあるむし歯のイメージとは違い、穴のあいてないむし歯です。初期むし歯になっている部分は、健全な歯がもつ透明感や光沢が失われ、白く濁った見かけになります。触っても凸凹はなく、健全な歯と同じようにつるつるしていますし、しみたり痛んだりするような自覚症状が生じることもほとんんどありません。しかし、これも立派なむし歯の一種です。
歯の表面の白濁は、生まれつきのエナメル質の形成不全などが原因のこともあります。しかし、今までなかったところにいつの間にか白く濁った斑点ができたというなら要注意です。初期むし歯が進行すると、やがておなじみの穴のあいたむし歯になります。
初期むし歯がどのようにできるかですが、まず歯の表面に細菌のかたまりであるプラークが付着すると、細菌が飲食物に含まれる糖を分解して酸を作り、プラーク内に酸が充満します。すると、酸性になったプラークと接したエナメル質という組織の結晶の表面から、歯の成分が唾液中に溶け出します。これを脱灰といい、この時脱灰と並行して、唾液の作用により溶け出した成分が歯に戻っていく再石灰化も繰り返し起こります。しかし、脱灰のスピードが再石灰化のスピードを上回る期間が長く続くと、歯の成分がどんどん抜けていき、結晶内に気泡のようにスカスカの部分ができていくのですが、これが初期むし歯です。さらに脱灰が再石灰化のスピードを上回る期間が続くと、歯の結晶の中身が完全にスカスカになり、やがて表面が崩れ落ちて穴のあいたむし歯になります。
穴のあいたむし歯は、穴をふさぐには詰め物を詰めるしかありません。しかし初期むし歯は、フッ素を利用すれば元の完全な歯の状態に戻せる可能性があります。フッ素には、唾液中に存在すると、再石灰化のスピードを促進する働きがあるため、そうして再石灰化のスピードが上がると歯の結晶が修復されていきます。その際には、脱灰の原因となるプラークの除去、つまり歯磨きの仕方や、そもそもの食生活についても、見直していただくことが大切です。フッ素は、むし歯の予防だけでなく、初期むし歯の治療にも非常に有効です。
初期むし歯はプロの目でないとなかなか見つけられません。日ごろからメンテナンスに通ってチェックしてもらい、もし初期むし歯が発見されたら、歯磨きの仕方やフッ素配合歯磨き剤の使い方、食生活についてなど、ぜひ相談してみてください。

howtoeat_4.png

保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。

posted by あじでん君 at 09:18| Comment(0) | 歯の豆知識

2021年05月07日

当院のコロナ対策について

みなさま、GWはいかがお過ごしでしたか?

当院は4/30〜5/5までお休みをいただいておりました!
5/6より診療をスタートしております。

コロナ対策の一環として、患者様により安心して診療を受けていただくため、定期的に抗原検査を行うことに致しました。
昨日、診療開始前に出勤したスタッフで行い、全員陰性でした。
引き続きご安心して通院していただければ幸いです。

まだまだ、大変な時期が続きますが、みなさまもお体十分お大事になさってください。

IMG_3852.JPG
posted by あじでん君 at 09:57| Comment(0) | お知らせ