2020年12月22日

年末年始の休診に関して

年末年始は下記の期間休診致します。

休診日:令和2年12月24日(木)13時から令和3年1月3日(日)まで
※12月24日(木)の午前中は診療しております。

令和3年1月4日(月)から通常通り診療いたします。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。
posted by あじでん君 at 13:19| Comment(0) | お知らせ

2020年12月15日

お口からはじめる感染症対策

現在、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスの収束にはまだまだ時間がかかりそうとみられています。ウイルス感染から身を守るための手段としてよく知られているのは、マスクの装着、手洗い、うがい、そして栄養や休息をとったりといった体調管理などですが、それに加えてもう一つ、ウイルスに対する防御力を上げる方法として、ていねいな歯磨きをおすすめします。
実は、100年前のスペイン風邪のパンデミックで行われた調査から、「お口の健康」と「ウイルスが引き起こす感染症」については、なんらかの関連性があるのではと指摘されていました。実際に調査をすると、歯周病になっていた人のスペイン風邪の罹患率は72%で重篤になる人も多かったのに対して、歯周病になっていない人の罹患率は32%と、半分以下だったというデータがあるのです。現在の研究では、危険なウイルスが体内に入り込む際に、歯周病菌がその手引きをしていることが明らかになってきています。
歯周病菌がお口の中に多く存在していると、歯周病菌の出す毒素が歯茎を腫らすだけではなく、お口の中の粘液の層を溶かして壊します。すると、ウイルスの標的である粘膜細胞の受容体が丸見えになり、吸着が容易になってしまいます。つまり、歯周病菌はウイルスが素早く体内へ侵入できるように手引きをしてしまうのです。さらに、歯周病菌の出す毒素は、ウイルスの持つ「細胞の入り口を開ける鍵」をパワーアップさせてしまうこともわかっています。こうした歯周病菌の凶悪さは、インフルエンザウイルスの研究によって暴かれたものです。コロナウイルスも、細胞の受容体に吸着し、侵入するという点で共通することから、同様に歯周病菌の手引きを受けていると考えられています。
コロナウイルスから身を守るには、マスクに手洗い、うがい、体調管理、3密を避けることに加え、普段からお口の中を清潔にして歯周病を予防することが重要です。是非この機会に歯医者さんでお口の中を綺麗にして、定期検診に通うことを習慣づけてみましょう。
yobou01.png

保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。

posted by あじでん君 at 14:46| Comment(0) | 歯の豆知識