2018年03月25日

象牙質知覚過敏

象牙質知覚過敏は、口腔に露出した象牙質に加わる温度刺激、擦過刺激などによって引き起こされる一過性の誘発痛であり、刺激が除去されると痛みは消失します。むし歯や神経の処置が必要な歯は除外されます。普段は痛みを感じないのにもかかわらず、冷たい水を飲んだ時、歯みがきをした時に、瞬間的な痛みを感じる場合は象牙質知覚過敏の可能性があります。
歯ぎしりや歯ブラシの圧が強いことによりエナメル質が失われた時、歯周病などで歯ぐきが下がって歯根が露出した時、くさび状欠損などにより象牙質が口の中に露出した時に、知覚過敏を生じやすくなります。この中で、歯頸部に生じた象牙質知覚過敏を歯頚部知覚過敏と言います。
象牙質知覚過敏は、象牙細管を満たす液成分が刺激によって移動することによって、歯の神経末端を刺激して痛みが生じると考えられています。象牙質知覚過敏が発症するメカニズムとしては、開口した象牙細管が口腔内に持続的に露出すること、初期炎症による歯の神経の分岐・増生と過敏化が考えられています。したがって、開口した象牙細管の封鎖、象牙細管内浸透による組織液移動の抑制、露出象牙質での樹脂含浸層の形成などが対応策となります。プラークの付着は象牙細管の開口に関わるため、適切なプラークコントロールが必要です。
ホワイトニングの副作用として知覚過敏が起きることがありますが、その原因は明確ではありません。
象牙質知覚過敏の原因の一つであるくさび状欠損(WSD:wedge shaped defect)は、歯頚部に生じるくさび状の歯の欠損です。よくできる部位(好発部位)は、犬歯、小臼歯の頬側面です。原因としては、歯ブラシや歯磨剤を誤って使っていることや、咬合力によって歯頚部のエナメル質・象牙質に生じる引張応力があげられており、これらの相互作用により生じると考えられています。
くさび状欠損ができると、象牙質知覚過敏症の他に、審美的障害などが生じることがあります。欠損しているところに白い詰め物をつめたり、しみどめの処置などが行われ、原因に応じた治療を行います。
IMG_5355.jpg



保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 21:09| Comment(0) | 歯の豆知識

2018年03月12日

なぜ自費治療が必要か

審美歯科治療とは基本的な歯科治療の上に成り立っているものであり、「機能の改善」と「残存組織の保全」を行った上で、さらに審美性を追求したものです。
装着直後のみならず、長期間にわたって機能と審美が維持されるようにケアを行っていかなければなりません。
治療の長期安定性、永続性を獲得するためには「Esthetic(審美)」「Function(機能)」「Biology(生物学的恒常性)」「Structure(構造)」の4項目を高いレベルで調和させることが重要であり、この4つが達成されてはじめて、審美歯科治療の成功と呼べます。このように、審美歯科治療は審美性のみならず、「総合的な治療技術と考え方」が求められる歯科治療なのです。
人とのコミュニケーションがとても大切な現代社会において、美しい口元、すてきな笑顔は、快適な社会生活を営む上で重要な要素です。
審美歯科は「美しく見える」ことはもちろん、「よく噛める」「よく話せる」といった正しい機能によって、お口の健康や心身の健康を増進し、本当の意味の“美しさ”を長く保ってゆくことを目的としています。
その上でお話ししたいのですが、保険診療であるとどうしても理想の形に持っていくことは難しいことを知っておいてください。それはなぜかというと、保険治療においては誰もが等しく治療を受けられる半面、病気の治療のための必要最低限な治療となってしまうためです。そのためより見た目を美しくするための被せ物やホワイトニング、歯並びを整える矯正治療などは保険制度の範囲外となるため、必ずしも患者さんの希望に対応できるとは限りません。
自費診療になると経済的な負担は増えるものの、より患者さんの希望に対応できる診療メニューを組めますし、良い結果や良い仕上がりを求めるには必要な診療内容です。
pet_ha_clean_neko.png




保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 00:14| Comment(0) | 歯の豆知識

2018年03月04日

指しゃぶり

低年齢児の指しゃぶりは、同じ行為がお母さんのさんのお腹の中で、すでに観察されることや、授乳期間が長い児にはこの習慣が少ないことなどから、哺乳の代わりとなる行動との見方があります。しかし一方で、心理的欲求不満や精神的緊張の解消が原因とも考えられています。指しゃぶりの中でも、親指を吸う癖が最も多いと言われています。
保護者にとっては、指しゃぶりによる口や歯への影響が心配になりますが、精神面での成熟度が増すことで、4歳頃には自然に消失すると言われているため、あまり神経質になる必要はありません。特に、3歳未満では生理的なものと捉え、経過観察をしますが、3歳から5歳の間は、乳歯の歯並びに注意が必要です。特に、指しゃぶりにより上下の前歯にすきまができ(開咬)、そのすきまに舌が入り込む、いわゆる舌突出癖がみられる場合は、将来の不正咬合の誘因となる可能性があるため、歯科医院にて相談することをお勧めします。
一般的には、幼児期までに癖がなくなれば、歯列や咬合への影響は自然に治癒する傾向にあります。しかし、学童期まで継続している場合は、歯列・咬合、発音ならびに咀嚼・嚥下への影響が大きくなります。そのため、心理療法や筋機能訓練など、治療の必要性について歯科医院で相談することをお勧めします。
baby_yubisyaburi_boy.png




保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症/ 無痛治療/クリーニング なら

日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市、東郷町からも患者さんがお見えになってます。

住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1
TEL : 052-806-1100

皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。

posted by あじでん君 at 21:46| Comment(0) | 歯の豆知識