2020年11月17日

ホワイトニングの豆知識

ホワイトニングに興味のある方はたくさんいらっしゃると思いますが、しみるのが心配だったり、なんとなく歯に悪いんじゃないかというイメージがあったりして、いざやってみようという方はあまり多くはないかもしれません。そんな不安を解消できるよう、ホワイトニングの豆知識を今回はお届けしようと思います。
実はホワイトニングは歯を強化するチャンスでもあるのです。どういうことかというと、ホワイトニングに使用される薬は、殺菌剤のオキシドールの仲間で、虫歯菌や歯周病菌を減らす効果があり、さらにはホワイトニング直後の歯の方が普段の歯よりも再石灰化が盛んで、歯質の強化をしやすいことも明らかになっています。ホワイトニングをすると、歯を覆っている「ペリクル」という透明な膜が剥がれ、その膜がないことで唾液のカルシウムなどの成分が邪魔されずに歯に戻り、歯質が硬く丈夫になっていくのです。また、最近のホワイトニングの薬剤はどんどん改良され、高い漂白効果と低刺激性を両立した薬剤へと進化していっています。
ただし、もちろんいくつか注意事項もあります。たとえば、虫歯があるのにそれに気づかず薬剤を使ったら、歯髄炎という神経の炎症を引き起こす可能性があります。また、歯周病で歯茎が腫れていると薬剤が効きにくかったり、ご自身の歯以外のところは白くならないため、逆に詰め物の部分の色が浮き上がってしまったりします。他にも細かな注意点があるため、ホワイトニングをやる時は歯医者さんでしっかりと検査した上で行うことをおすすめします。
また、ホワイトニングを行った後は、色が後戻りすることがあります。後戻りの速さは食事や歯磨きによってかなり個人差がありますが、定期的にクリーニングを受けると白さが長持ちするので、ホワイトニング後はメインテナンスに通って白さを維持していきましょう。もし後戻りが気になってきたら、タッチアップという軽いホワイトニングで、また元の白さに戻すことができます。
歯を白くでき、予防効果も期待できるホワイトニングを、是非トライして憧れの白い歯を手に入れていただければと思います。
icon_3.png

保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み
合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症
/ 無痛治療/クリーニング なら
日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市
、東郷町からも患者さんがお見えになってます。
住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1 
TEL : 052-806-1100
皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 14:59| Comment(0) | 歯の豆知識

2020年10月17日

歯の根面の虫歯にご注意を

加齢や歯周病により歯ぐきが下がると、歯の根が露出してきます。見かけも気になるところですが、それ以上に問題なのが、歯の根の表面はとても虫歯になりやすいということです。噛むところの歯はピカピカなのに、根元が虫歯になってポキリと折れてしまうかもしれません。せっかく残せていた歯を失いかねない、根面う蝕について、今回は注目していこうと思います。
まず、なぜ根面は虫歯になりやすいかですが、歯の噛む部分はエナメル質という組織に、歯の根面はセメント質という組織に覆われているのですが、根面のセメント質というのは非常に薄く、薬用オブラートと同程度の20ミクロンほどしかありません。そのためセメント質は細菌の出す酸によりたやすく溶かされてしまい、すぐに内部の象牙質という組織が露出してしまいます。さらに悪いことに、象牙質はエナメル質よりも酸に弱く、エナメル質では溶けはじめなかったレベルでも、象牙質は溶けはじめてしまうのです。そのため、根面はすぐにセメント質が破壊されて内部の象牙質が露出し、象牙質は歯の成分が溶け出しやすい性質があるため、噛む面は虫歯ひとつないのに、気づかないうちに根面が虫歯になっているというケースがおこりうるのです。
虫歯を予防するためには歯磨きによるプラークコントロールが最も大切ですが、根面う蝕に限って言えば、大元の原因は歯ぐきが下がることです。そのため、一番の予防は歯ぐきを下げないことになるため、歯周病の治療がとても大事になってきます。歯周病の治療で最も大事なのは、歯科医院にメインテナンスに通って、定期的な歯周病の検査とクリーニングを受けることです。また、歯磨きの際に力を入れすぎていると、かえって歯ぐきを痛め、歯ぐきが下がる原因となるため、歯ぐきを傷つけずに丁寧に磨く方法を歯科医院で教えてもらいましょう。また、歯と歯の間のお掃除も忘れてはいけません。根面の虫歯は歯と歯の間の根本まわりから生じることが多いため、歯茎が下がる前はデンタルフロス、下がった後は歯間ブラシでプラークを落としましょう。
歯茎が下がって根面が見え始めたら、「年だから仕方ない」で終わらせずに、ぜひ歯科医院を受診して、新しいお口の状況に合った予防の戦略を歯医者さんと一緒に考えていきましょう。
perio003.png

保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み
合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症
/ 無痛治療/クリーニング なら
日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市
、東郷町からも患者さんがお見えになってます。
住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1 
TEL : 052-806-1100
皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 19:37| Comment(0) | 歯の豆知識

2020年09月15日

歯並びに効くお口の筋トレ

歯並びと言うのは、実は歯のみで決まるのではなく、周りにある舌や唇の力にも影響されます。例えば、歯の生え代わり時期のお子さんの場合、飲み込むときに舌で歯を押していたり、唇を噛む癖があったり、お口をいつもぽかんと開けていたりする癖があると、歯並びに悪い影響を与え、そのまま成長すると顎の骨にも悪い影響を与えてしまう場合があります。また、大人の方でも矯正治療を始めた時に、舌からの力が強いままだと、矯正がスムーズに進まなかったり、後戻りしてしまいます。舌の位置を治し、舌や唇からの力のバランスを改善し、ご自身の持つ歯並びと顔貌を手に入れるためには、お口のトレーニングが必要です。
では、舌はどういう位置にあるのが正しいのでしょうか。舌は、リラックス時に上あごの天井についていて、前歯に軽く触れる程度が理想です。逆に、舌が下にさがって前歯にもたれかかっていたり、歯を押す癖があると常に歯にじわりと力がかかり、歯並びに悪い影響を与えます。
どういった場合にどういったトレーニングが必要になるかは、専門家による診断が必要になりますが、ここでは簡単に始められるトレーニングとして、「あいうべ体操」というものをご紹介していこうと思います。
あいうべ体操とは、内科医の今井一彰先生が提唱するトレーニングです。口呼吸を鼻呼吸へと改善するために考案されたもので、アレルギーをはじめ、様々な病気にも良い影響を及ぼすとされています。この体操はお口周りの筋肉や舌も鍛えることができるので、歯科でも注目されています。
まず、「あー」と口を大きく開く。次に、「いー」と口を大きく横に広げる。続いて、「うー」と口を強く前に突き出す。最後に、「べー」で舌を突き出して下に伸ばします。これを1セット4秒前後のゆっくりとした動作で行い、1日30セットを目標に行います。
こういったトレーニングは毎日根気よく続けていくことが大切なので、ご家庭でやるだけではなかなか難しいと思います。歯並びが気になる方や、お子さんの歯並びが心配な方は、是非一度歯医者さんで相談をしてみましょう。
milkteeth_sukippa.png

保険診療/ 入れ歯・義歯/ 歯周病/ 口腔外科/ 小児矯正/ 矯正歯科/ 小児歯科/ 噛み
合わせ/予防歯科/ 歯科検診/ インプラント/ 美容診療/ ホワイトニング/ 顎関節症
/ 無痛治療/クリーニング なら
日進市赤池町のあじおか歯科クリニックへ
日進市、名古屋市天白区、緑区、瑞穂区、名東区、豊田市、長久手市、三好市
、東郷町からも患者さんがお見えになってます。
住所:〒470-0126 愛知県日進市赤池町屋下351-1 
TEL : 052-806-1100
皆様のご来院をスタッフ一同、明るく元気よくお待ちしています。
posted by あじでん君 at 14:37| Comment(0) | 日記